おとなの楽しい童話時間

幸せスイッチオンにするハッピー物語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『青いクレヨンがなくっちゃ』

青いクレヨンがなくっちゃ①

明日は海で楽しいお絵かき会です。
ねずみのポット君は海もお絵かきも大好きです。

「画用紙と、水筒と、おやつと、それから・・・」

カバンに荷物をつめながら、ポット君の頭の中は青くてきれいな海のことでいっぱいです。
そして大切なクレヨンの箱を手に取ると、そっとフタをとりました。

「あれ!?青いクレヨンがない!」

青いクレヨンがなくっちゃ、海の色はどうするの?

「ねえねえボタンちゃん、お兄ちゃんの青いクレヨン知らない?」
「青いクレヨンってこれのこと?」
「あー!!!」

ポット君の大切な青いクレヨンは、弟のボタンちゃんにかじられてボロボロ。
「お兄ちゃん、これってあんまり美味しくないね」
「あたりまえだろ!」
ボタンちゃんの手から、クレヨンをひったくりました。

びっくりしたボタンちゃんは、ひっくひっくと今にも泣き出しそう。
ポット君の目からも涙がこぼれそう。

「あらあら」
ポット君とボタンちゃんのお母さんがやってくると、
青いクレヨンと泣き出しそうな二人の顔を見て、困った顔。
「よしよし」
といいながら二人の背中をポンポンとたたきました。


その夜、ポット君は青い海のことを考えて、何度もふとんの中で寝返りをうちました。
『青いクレヨンがなくっちゃ・・・』


朝、目を覚ましたポット君は、もう一度、そーっとクレヨンの箱を開けました。
『やっぱりない・・・』



今日はまさにお絵かき会日和。
太陽がさんさんと輝いて、海も空も真っ青。
ねずみの子供たちはひとしきり波打ち際で遊ぶと、砂浜に座って海の絵をかき始めました。

影1①


ポット君は、海に背中を向けると、みんなと少しはなれたところに座りました。
『青い海なんてみたくない』

ザザー ザザザー

波音と潮風が、「こっちを見て」とばかりにポット君の背中をくすぐります。



どのくらい時間がたったのでしょうか、
「できた!」
「わたしもできた!」
後ろのほうからみんなの声が聞こえてきます。

「ポット君みせて!」
みんながやってきて覗き込むので、ポット君はあわてて画用紙を隠すと、
「あと少しかな。完成するまで待っててね」
ニコッと笑っていいました。
「ふーん、じゃあまた明日見せてね」
「うん」

ため息をつくと、クレヨンの箱を少しだけ開けて、すき間から中をのぞきこみました。
やっぱり、青いクレヨンのところだけ、ポッカリと空いています。

影2①


砂浜に伸びるポット君の影が、少しずつ長くなってきました。

「絵もかけたし、そろそろ帰る?」
「そうだね。風も冷たくなってきたし」
「ポット君も一緒に帰ろう?」
「ううん。僕、もうちょっとだけ、描いていくよ」

みんなはポット君に手を振ると、完成した絵を持って帰っていきました。

影3①


砂浜に伸びるポット君の影は、ますます長くなり、

ザザー ザザザー

波音と潮風が、「お願い、こっちを見て」とばかりに背中をなでます。
ポット君は、目から涙がこぼれそうになったので、ゴロンと仰向けに寝転びました。
すると・・・


ポット君はあまりの眩しさに思わず目を細めました。
海は、今まで見たこともないほど、キラキラ キラキラと輝いています。
さっきまで真っ青だった、海も、空も、ポット君の顔も、今はすっかり夕日色。


夕焼け①




青いクレヨンがなくたって!

僕の海は夕日色でいいんだ!

元気を取り戻したポット君。ひょいっと起き上がると、クレヨンの箱を開けました。
黄色や赤、橙色に桃色、それから白・・・たくさんの色が必要です。

夕日色の潮風を、鼻から胸へ吸い込むと、
目をキラキラさせて、画用紙いっぱいに海の絵を描きはじめました。

『早く描かないと太陽が沈んじゃう!』
波音と潮風が、「きれいでしょ」とばかりにポット君のほほをくすぐります。


夕焼けでお絵かき①



「ポットくーん」
「お兄ちゃーん」
遠くでお母さんとボタンちゃんの声が聞こえます。

「お母さーん、ボタンちゃーん!」
元気に手を振って答えました。

「見て!見て! 僕の海 きれいでしょ」

「お兄ちゃん すごーい!」
「あら いいじゃない! ポット君の海 とってもステキだわ」



夕日色の砂浜に、長い影がみっつ、仲良く並んで映っていました。


おわり



夜の海①
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。